考えさせられたこと

毎週月曜日は普通ゴミの日。

例え祝日でも収集にきてもらえる。

ありがたい話だ。

しかも自宅前に出しておけば良いので、非常に助かる。

その代わり、違反したらすぐにばれるが。

多くの自治体がそうであるように、曜日毎に収集するゴミの種類も異なるのだ。

で、先日の話。

祝日のせいか、お昼を過ぎても収集車は来ず。

今日は遅いのね、と旦那と会話しながら外出したのが午後2時過ぎ。

ちょっとした用事を済ませ、帰りにスーパーに寄った私たちが帰宅したのが午後4時過ぎ。

自宅までの道を歩いていたら、大きなビニール袋が二つ目に入った。

まさかまだ収集されていないのでは…と一瞬思ったが、他のゴミは全て収集済み。

どうやら出すタイミングを間違えたようだ。

かわいそうだが、次の収集日(木曜日)まで保管するしかない。

ただそれだけの話だった。

翌日、朝のうちに買い物に出掛ける為に歩いていた時のことだ。

見覚えのあるビニール袋が視界に飛び込んできた。

そう、前日に見たゴミ袋だ。

懲りもせずに出しているのか…と一瞬思ったが、どうやらそんな生易しい話ではないらしい。

というのも、問題のゴミ袋は空き家(多分、誰も住んでいない)の前に置かれていたからだ。

そんな馬鹿な…と思ったものの、確かにそのゴミ袋は前日に見たもの。

具体的な記述は避けるが、そこに入っていたものがはっきりと見えていたので、私も覚えていた。

イエローシールも貼られていたので、きっと中身に問題があったのだろう。

だったら適切な状態で改めて出せば良いものの、如何にも自分は無関係と言わんばかりに他人の家(空き家)の前に移動させる辺り、心が歪んでいるのだろう。

恐らく近隣も気付いているだろうけど。

iPadから送信