価値観の相違を考えてみた。

異なる価値観を受け容れることは極めて難しい。
多くの人はそのことに気付いているし、それ故相手の価値観は尊重すべきであると自覚はしているのだが、いざそうした価値観を目の当たりにすると「何故?」「信じられない」等の言葉を投げつけたくなる。
悪気がないのはわかっていても、投げつけられた側からすればそれは凶器に等しく、場合によっては立ち直れない程の傷を負うこともある。
それ故迂闊に「それは違う」などと言うべきではないのだが、悲しいかな、思ったことは口に出さずにいられないのが人間というもの。
結果、人間関係に亀裂が生じ、取り返しのつかない事態となる。
とはいえ、理解しがたい価値観を無理に理解すべきとは思わない。
私たちがすべき努力はただ一つ、「そういう考え方もある」と割り切ることだ。
疑問に感じることがあれば、こっそり調べればいい。
そうすることで理解が出来るのなら、それに越したことはない。
仮に理解しがたいことであっても、公序良俗に反しない限りは黙っていればいい。
あくまで相手の生き方であり、自分の生き方とは異なるのだ。
このように日頃より言い聞かせているにも関わらず、「何故そういう考え方が出来るのだろう?」と感じることは多い。
敢えて言葉にしないのは「そういう言い方をされると、自分が不愉快だから」に過ぎない。
誰かの書いた文章を読んだ時でもそう。
友達との会話でもそう。
例え「???」と感じたとしても、それは自身の問題。
必要以上に踏み込むのは相手に対して失礼だし、私自身、そうした行動を毛嫌いする。
だから、言葉にしない。
適当に相槌を打ち、話の流れを壊さない。
ところが、世の中には「気になったことは言わずにはいられない」人が少なからずいるようで。
つい先日も「本人が納得しているなら、他人が口を挿むべきではない」と考えている事柄を「それは××の為にならない」と言わんばかりにしつこく説得する知人がいて、内心閉口したことがある。
知人の意見は正論で、同じ立場の人間であれば心掛けるべきことを主張していたに過ぎない。
けれど、説得された側はそれを踏まえた上で「私はこうする」と決めている。
最悪の事態を覚悟した上で、それでもこの方法を貫きたい、と。
だったら、本人が思うように行動すれば済むこと。
それを頭ごなしに否定する権利は何人にもない筈だ。
こういう考え方自体が少数派かもしれない。
非常に冷たい考え方かもしれない。
けれど、私自身が他人にああだこうだと言われることを好まないせいか、他人に対しても同様に接するべきだと自身に言い聞かせている。
勿論、意見を求められれば話は別だけどね。