私は悪者で良い

時折見かけるのは募金を募る人々。
ある団体は病気に苦しむ子供の為に。
また、ある団体は障害を持つ人の為に。
彼らは声を枯らし、人々の善意を求めている。
そして私は、聞こえない振りをする。
理由は幾つかある。
目的が明確ではないこと。
そして、団体そのものを信用していないこと。
思えば、若かりし頃より納得のいかない寄付には抵抗があった。
それが勤務先の依頼であっても、趣旨を確認した。
例え僅かな金額でも、納得のいく寄付をしたい。
ただそれだけだ。
ま、理解されなくても仕方ないけど。