電子書籍を購入する。

iPad miniを購入した最大の理由が電子書籍を読むことだった。
読みやすさは紙媒体が一番だが、老眼の身には小さな文字が辛いのだ。
日常生活は裸眼でどうにかなるし。
その点、電子書籍は文字を拡大することが出来る。
絶版となった書も探すことが出来る。
小松左京氏の「題未定」も購入出来たし、他にも複数の書を購入している。
場所をとらないから!持ち歩きも楽。
iPhoneで読むことも可能だ。
ということで、無謀にもある電子書籍を購入してしまった。
出来ればkinoppy対応の書が良かったが、生憎非対応。
違うアプリをインストールしてまで読みたかったのは「村上さんのところ コンプリート版」。
気軽に読めそうだし、内容にも興味がある。
しかも電子書籍だからこそのボリューム。
コレは買いでしょう。
偶々半額クーポンが適用されたので、お財布にも少し優しい。
ま、メインはkinoppyなんだけど。
さて、購読した本をチラ見したが、横書きって楽だね。
文字も大きめで、楽だね。
気楽に読めそう。
実は読みかけの小説が幾つかあるけど、まずは気楽なものから。
iPad miniを買って、本当に良かった。
余談だが、「幻魔大戦」シリーズも購入すべきかな。
それ以前に「レンズマン」シリーズをコンプリートしたいが。