戯言

年齢を重ねる毎に、人間は丸くなるものだと信じていた。
それなりに経験を重ね、良くも悪くも丸くなるものだと。
けれど、残念ながらそうではないらしい。
少なくともアラフィフ対象のコミュニティを見る限りでは、年齢を重ねれば重ねるほど自己主張は強くなり、相手に対する要求も一方的なものになりがちだ。
その根底にあるのは「正しいのは自分」といった思い。
見苦しいな、と感じる言動を幾つも見ることが出来る。
相手の価値観を受け容れることはそんなに難しいことだろうか。
自分は自分、他人は他人と割り切ることはそんなに難しいことだろうか。
理解することは出来ないかもしれない。
けれど、そういう考え方も確かに存在する。
それを認めた上で、対応の仕方を考えるのがアラフィフの知恵ではないのか。
時には猛獣としか思えない輩に遭遇することもあるが、決してそうではない人々に対してまで牙を剥くことはあるまい。
ほんの少し、相手の気持ちを思い遣る余裕があれば円滑になる関係もあるだろうに。
やがて私は老いていく。
せめて美しく老いていきたい、とつくづく思う今日この頃だ。