読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒めた視点

某アイドルのライブツアーの結果が届いた。
落選とのことだ。
不思議なくらい、ショックはなかった。
多分これが最後。
来年以降、申し込むことはないだろう。
そんな気がする。
それにしても何故、ここまで醒めてしまったのか。
いや、ファンをやめたわけじゃない。
今後も初回盤の争奪戦には参加するだろうし、気が向けばライブ等の申し込みをすることだろう。
けれど、何が何でも参戦したい!といった気持ちが失せている。
というか、内心馬鹿馬鹿しいと思っている自分がいるのだ。
その変化はどこから生まれてきたのか。

記憶を呼び起こしてみる。
それはあるイベントでの出来事。
一度でいいから聴きたかった、大好きな曲があった。
その曲を聴きたいが為に、漸く確保出来たチケットだった。
そして、その曲が流れてきた。
感激に胸を震わせた瞬間、私の目に信じられない光景が。
はっきり書こう。
口の動きと歌声とがずれていたのだ。
気のせいだと思いたかったが、何度確認しても口の動きがずれている。
そうか、そうなのか。
思えばあの瞬間から、何かが崩れていたのだろう。

さて、落選が決まった瞬間、私は何故かホッとしていた。
決して安くはないチケット代。
浮いたお金で何を買おうか。
考えただけでわくわくしてきた。
自分でも不思議な感情である。