あるブログとの決別。(ちょっとした愚痴)

私が好きなブログの一つに、複数の人間がリレー形式で記事をアップするものがあった。
そのブログはある団体が一般消費者向けに発信しているもので、中には業務連絡に近い記事も混ざっていたが、その多くは日々の戯言に仕事内容を絡めたもので、結果的には「○○って面白そう」といった印象を読み手に与えるブログだった。
ところが、ある日を境にその内容は一変する。
恐らく担当者が変わったのだろう、更新は不定期となり、しかもその内容は業務連絡が中心。
先方に言わせれば「本来あるべき姿に戻しただけ」かもしれないが、部外者(読者)である私からすれば「ある日突然、ブログそのものの雰囲気が変わってしまった」のだ。
せめて一言「私の担当はこれが最後となります。お世話になりました。」と書き添えるべきではないだろうか。
何れにせよ、今回の件で団体そのものに対する興味までもが一気に薄れてしまった私。
所詮、その程度なのね…と呟きながら、ブックマークを削除したことは言うまでもない。