読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneケースを変えてみる。

思い切ってiPhoneケースをリラックマ色に染めてみる。
ベースカラーは黄色、ケース全体にリラックマがあしらわれ、前面にもリラックマを印刷した専用シートを貼りつけている。
留めはイヤホンジャック。
リラックマの姿がちょっとしたアクセントとなり、iPhoneそのものの印象もすっかり変わってしまった。
というか、黄色と黒の相性が抜群なことに改めて気付いた次第。
当初はiPod touch(裏面にシールを貼ることでiPhoneケースが装着可能な状態にしてある)専用ケースとして活用する予定でいたが、ホワイトよりもブラックスレートの方がシートが引き立つことに気付き、慌てて装着しなおしたのだ。
ま、剥がれた時は剥がれた時さ。
それにしても、何故黄色を選んだのだろう?
実はピンクや水色のケースもあったのだが、何となく黄色じゃなければ…と思い、この色を選んだのだ。
リラックマそのものが好きだったこともある。
黄色そのものに惹かれていることもある。
若かりし頃は何となく避けていた色だけに、この選択には意味があるのだろう。
意味があるといえば、最近赤を着ることが多くなったことも変化を暗示しているようで。
残念ながら、それらが意味することが何であるかまでは把握出来ていないが、少なくともプラスに働くに違いないと自身に言い聞かせている。