オークションサイトで感じたことなど。(駄)

誤って購入したiPhone用ケースがある。

どうにか装着することは可能なものの、やはり使い勝手が悪く、思い切ってオークションサイトに出品することにした。

その際、カテゴリを調べる過程で「携帯電話」が出品されていることは既に書いた。(別のブログだけど)

残債なしとはいえ、わざわざ中古の携帯電話(スマートフォン)を買う人など存在するのだろうか?と内心訝しく思ったのだが、価値観は人それぞれ。

少しでも安く上げるならば、敢えて中古(旧モデル)を購入するのも選択肢の一つとなろう。

さて、無事に目的のケースを出品した私は、ちょっとした好奇心でiPod touchの価格を調べてみた。

旧モデルが中心と思いきや、案外現行モデル(それも新品!)が多数出品されている。

中でも注目すべきはStore限定色が出品されていること。

送料は別途かかるが、わざわざAppleStoreに出向かなくとも気軽に購入出来る訳だ。

但し、価格は割高。

AppleStoreならば39,800円で済むところ、提示された金額は40,000円を超えていた。

それだけでも十分高いと思うが、さらに送料負担が加わるので、正直わざわざこの出品者から購入するメリットがわからない。

ご丁寧に「1年間の製品保証付」と書かれてあるが、これとてAppleStoreで購入しても同様の保証はついてくる。

AppleCare込なら話は別だが、勿論そんなものが付いてくる筈もなく。

「何故にそんなに強気なんですか?」と問い詰めたい衝動に駆られつつも、私はブラウザを閉じた。

 

それにしても、と私は思う。

ネットオークションを利用するような人間が、あのような価格設定に引っ掛かることがあるのだろうか、と。

中には販売価格を遥かに上回る価格で落札されるものも存在するが、それはほんの一握り。

既に販売終了した商品であるとか、コンサートグッズであるとか。

要するに「買いたくても買えない」商品であれば、思い切って購入することも考えられるだろう。

しかし、前述のiPod touchは違う。

限定色とはいえ、近くのAppleStoreに行けば購入可能であるし、webサイトからも送料無料で購入できる。

決して安い商品ではないから、購入には慎重になる筈だ。

まずは公式サイトで詳細を調べ、その上で1円でも安いサイトを検索するに違いない。

私が見かけたのはオークションサイトであるから、出品者は個人事業主かもしれない。

何らかのルートで限定色のiPod touchを入手し、オークションサイトに支払う手数料を加味した価格を設定しただけかもしれない。

いずれにせよ、この商品が落札される可能性は極めて低いのは確か。

余程魅力的な「何か」が付随しない限り、あの価格で売り切るのはほぼ不可能だと思うが。