読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸運のピアス。

iPhoneの壁紙を熱田神宮に変えてみる。

これはとあるメルマガより添付されたもので、聞けばパワースポットの一つと言われているとか。

であれば、少しでもご利益にあずかりたいと考えた私。

迷うことなく、某アイドルの画像から熱田神宮へと写真をチェンジした次第である。

それにしても、iPhoneは自由だ。

以前の携帯では壁紙一つ設定するにも緻密な計算が必要だった。

大きすぎる画像は受け取ることが出来ないから、それなりに縮小して、SDカード経由で読み込ませていた頃が遠い昔のよう。

今ではスキャナで読み込ませたブロマイドをホーム画面に設定したり、友達から届いた画像をロック画面に設定してみたりする。

Androidの方が自由度が高いとの話を聞くこともあるが、既に複数のApple製品を使っている身にはiPhone以外は考えられない。

というか、全てに共通するIDを使ってアプリ等を管理出来ることがどれほど有難いことか。

ところで、今年の誕生日に友人から贈られたピアスがある。

私好みのデザインということもあり、届いたその日に早速装着した程気に入っているが、どうやらこのピアスが幸運を呼んでいる。

まず手始めに、ティファールのフードプロセッサーが当たった。

応募したのは近所のスーパーが行っていたPB商品に関する懸賞で、いきなり商品が届いた時は心底驚いてしまった。

何しろ応募したことすら忘れていたので。

次に、某アイドルのチケットを入手することが出来た。

昨年は無残に敗れ去った私であるが、今年は第一希望の日に参戦出来ることに。

こんなことなら土日にすれば良かった…と一瞬思ったものの、平日に参戦した方が身体へのダメージは少ないと判断した。(噂によれば、筋肉痛になるとか)

ただ、筋金入りの天邪鬼故、これといった準備はしていない。

とにかく「強制は嫌い」なのだ。

そして、三番目に当選したのは富士山を特集したNHKのドキュメンタリーDVD。

これも応募したことすら忘れていて、やはりいきなり届いた宅配便でその事実を知る。

テンションあがるね。

早速Twitterを通じてお礼を伝えたところ、温かな言葉が返ってきた。

そう、その懸賞はwebを通じて応募したものだった。

調子に乗った私が、積極的にこの手の懸賞に応募しはじめたのは言うまでもない。

…とあれこれ書いてきたが、読んでいる人の中には「単なる偶然でしょ?」と嗤う人もいることだろう。

その気持ちはよくわかるし、どちらかといえば私もそちらの人間だった。

でもね、こういうことは素直に喜ぶに限る。

これまで抽選とは無縁だった私が今年に入って3回も当たっている。

しかも、あのピアスが届いてから運気が変わっているのだ。

前向きに捉えなくては損ではないか。

そんなわけで、金曜日のライブには「幸運のピアス」を装着する予定。

今から楽しみだ!