絶対と呼べるものは存在しない

未だに忘れられない話がある。

「両手を組み合わせた時、右手の親指が上なら猫派、左手の親指が上なら犬派」と断言した教諭がいて。

大多数は当たっていたけど、一部の生徒は当てはまらなくて。

ただそれだけのことなのに、激昂していた教諭の姿が忘れられない。

彼の中では「自分が持つ知識」が絶対だったのだろう。

こうした経験をしてきたせいか、私は断言する人が信じられない。

時にはそれが必要であるとわかっていても、曖昧な言い回しを好む。

だって、物事は多面体だもの。

自分の立場からしか捉えることが出来ない。

そうした視点を持つ人は少ない。

いや、意識的に排除しているのか。

iPhoneから送信

使い勝手の良いメモアプリを探している

基本、blogの更新はメールで行っている。

メモアプリに入力し、共有ボタンから投稿するのだ。

この方法に慣れてしまうと、わざわざblog用アプリを使う気になれない。

ところが、そのアプリの仕様が変わり、PDFファイルに変換されるようになった。

これでは投稿出来ない。

デフォルトのメモだと使いにくい部分があって、シンプルかつ手軽に送信可能なメモアプリを模索中。

幾つか試した上で結論は出すけど、やはり標準しかないのだろうか。

iPhoneから送信

長い一日

散々な一日だった。

朝9時に歯医者の予約を入れていたので、洗濯機のスイッチを入れてから自宅を出る。

ついでに銀行にも立ち寄ったので、自宅に戻ってきたのは午前10時頃。

洗濯物を干している間、バッテリー残量が少なくなっていたiPhone本体を充電することに。

確か5割を切った状態で、この後ゲームを楽しむには少し厳しいと判断したのだ。

ところで、我が家にはLINEゲームを楽しむ為の端末が3台もある。

何故IDが3つもあるかは別にして、それぞれが別人格の為、まずは充電をしていない2台から片づけることにした。

この時iPhoneはまだ充電中。

そろそろ充電が終わった頃だろう…と思い、充電器を見に行ったのは午前11時過ぎ。

そこで私が見たものはAppleマークが浮かび上がったiPhone7の姿だった。

Appleユーザーであれば、決して良い状態でないことは検討がつくだろう。

案の定、電源ボタンを押しても何ら反応がない。

それどころか電源オフすら出来ない状態。

流石の私も異変に気付き、Macを立ち上げ、あれこれ検索。

出来る範囲のことを試みたものの、一向に改善せず。

仕方がない、午後からAppleStoreに出向くことにしよう。

覚悟を決めた私は早めの昼食を摂った。

平日の午後だというのに、AppleStoreは混雑している。

丁度階段の前にいる係員に症状を説明したところ、二階に行って予約を取るよう指示される。

そこで二階に出向いた所、何と3時間以上も待たされるという。

内心参ったなと思ったものの、背に腹は代えられない。

わかりました、とキャンセル待ちの予約を入れる。

指定されたのは午後5時20分頃。

ここにいても仕方がないので、一旦帰宅することを選ぶ。

すぐにヤマト運輸のWEBサイトにアクセスし、宅配便の受取時間を変更する。

既に一度変更しているので、これが最後の変更。

多分大丈夫だろうと思いながらも、万一に備え、旦那にメール。

事情を説明した上で、午後7時までに在宅してくれるよう頼む。

勿論、それまでには帰宅出来ると信じているのだが。

それにしても3時間というのはあっという間に過ぎる。

自宅でのんびりしていた所、気が付いたら自宅を出る時間に。

早めに家を出て、AppleStore近辺を散策。

適当な時間に受付を済ませ、そのまま名前が呼ばれるのを待つ。

十分もしないうちに名前が呼ばれ、一通りのことを説明する。

取り敢えずはリストアを試みるというので、一旦お任せすることに。

やがて戻ってきた係員が「内部が破損しているようです」と告げる。

そうでしょうね、と心の中で呟く私。

幸い購入してから1年も経っていないので、無償で新しいiPhoneと交換してもらう。

バックアップデータは残していたものの、真っ新なiPhoneを見た瞬間、新たに構築することを決める。

移動中に初期設定を済ませ、必要最小限のことはこなせる状態となった。

帰宅後、取り急ぎ行ったのはメールの設定。

敢えて設定しないことも考えたが、それはそれで不便なので、DoCoMoのwebサイトで設定方法を確認する。

この時点ではまだ、Wi-Fiへの接続は行っていない。

どうせオフにしなければならないし…と思ったからで、全ての作業が終わった時点で初めてWi-Fiに繋いだ。

ここまでが長かったが、それでも真っ新なiPhoneをカスタマイズ出来ることは非常に楽しい。

何時までこの状態が維持出来るかは別として、当面はスカスカのiPhoneを堪能することとしよう。

社団法人なのに、ね。

最近、とある協会のブログが頻繁に更新されている。

あくまで集客を目的としているから、記載内容も「こういう魅力がありますよ」とか「こういうイベントを行います」といったものが中心。

頑張っているな…と思う反面、内情は火の車かも?と穿った見方をしてしまう自分。

現在は正会員ではあるけど、今後目立った活動をする予定もないし、きっと休会するのだろうな。

更新手続の案内が届いたなら…の話だけど。

事の発端は3年前に遡る。

会員は年に一度更新手続きを取る必要があり、うっかり失念すると会員資格は失効する。

本来であればひと月前には案内の書類が届く筈だが、協会側の手違いにより更新案内は届かなかった。

結果会員資格が失効された訳だが、理由が理由だけに慌てて連絡してきたのは協会側。

既に入金期日は過ぎていたものの、特例で受け付けると記されていた。

その時は更新時期に気付かなかった私にも非があったので、さほど何も感じずに手続きを済ませた。

ところが、である。

私の更新月は毎年12月なのだが、1月に入ってからも更新案内が届かないのだ。

内心「またか…」と呆れながらも、取り敢えずは低姿勢でメールを送ってみる。

すると「今年度より更新案内書類の郵送は廃止しました」とのこと。

まともな組織であれば、きちんと書面にて更新手続きを済ませるものだろうに…と思ったものの、「郵送料を節約しなければならないほど、財政面が厳しい」と解釈し、この時も更新手続きを済ませた。

但し、Facebook等で活動をアピールする記事を見かける度に「内情はどうなのかしら?」と勘繰るようになっていたが。

そして、今回。

例の如く更新月はとっくに過ぎており、相変わらずメールの一つも届いていない。

流石の私も不信感を抱き始め、敢えて年末年始の休暇を狙って「更新案内が届いていませんが、どうなっていますか」との問い合わせをしてみた。

案の定事務的な連絡があり、実は規約が改正されていたことを初めて知る。

会員サイトにアクセスしない私も私であるが、こういう重要なことは事前にメールで伝えるのが筋じゃないのか。

おまけに準会員は廃止されており、正会員か休会かの二択になっている。

要するに「会費さえ払えば」それで良いのね。

一瞬休会することも考えたが、取り敢えずは今年一年様子を見ることにした。

仮に更新案内が届かなくとも、私からは一切連絡は取らないつもりだ。

Mac用Officeを入れる。

必要に迫られ、Mac用のOfficeを入れる。

ソフトは旦那のもので、何とライセンスが二つも残っていた。

だったら使わない手はないね…ということで、新しいMacにも無事インストール。

滅多に使うことはないけど、いざという時には役に立つ筈。

因みにadobeのソフトも複数あったが、こちらはライセンスが一つのみなので、入れたくとも入れられないぞ…と丁重に断った。

尤も、ライセンスが複数であっても断るつもりだけど。

第一、容量を喰うでしょ?

我がMacBook Proには不要なプログラムである。

さて、不本意ながらもインストールされたWordとExcel

早速文書作成にWordを使ったが、思ったよりも使いやすい。

バージョンが古いこと、Mac用であることが幸いしたのか。

何れにせよ、苦手意識は克服。

何故か余っていたキーボードも譲り受け、環境だけは整った。

だったらBlog用文章でも…と一瞬思ったが、流石にそれは無理だろうと判断。

これまで通りiPhoneで作成することにしよう。

このように使い道のないOfficeだが、お守りとしてのインストールなら悪くはない。

先日がそうだったように、ワープロ代わりに使う必要がある時に備え、偶には使い方を確認しておこう。

iPhoneから送信

使い勝手の良い「notebook」

iPhoneで愛用しているアプリがある。

自動的に文章等を保存してくれる優れもので、移動中に打ち込んだものを数時間後に書き直せる点が私にはありがたい。

しかもiPad miniとも同期出来る。

これは利用しない手はない。

ということで、ブログの文章は専らこのアプリで打ち込んでいるが、何とMac用のアプリも公開されていることがわかった。

同じアカウントでログインするだけで複数の機器で文章が同期出来る。

Evernoteのような使い方は出来ないものの、私のようにブログ更新用に利用する分には申し分のないアプリだ。

そのアプリの名は「notebook」。

用途ごとにノートを作成出来るし、表紙だって変更出来る。

自分にしかわからないメモもアプリ内で保存している。

勿論、パスワードを設定することも可能。

これまで複数のメモアプリを利用してきたが、使い勝手の良さではピカイチではないだろうか。

デフォルトのメモも嫌いじゃないが、デザイン重視の私としてはもはや手放せない。

そんなアプリがMacにも対応していて、本当に良かった。

Macユーザーになって良かった、と心から思っているよ。

iPhoneから送信

radikoプレミアムに嵌ってます

radikoプレミアムを利用している。

どうしても聴きたい番組があって、でもリアルタイムで聴くことが出来なくなって。

泣く泣くドコデモFMを解約したのが3月末。

ま、Podcastでも聴けるのだけど、やはり生が良い。

そんな折飛び込んできたのがradiko加入のニュース。

しかもタイムフリー対応だなんて、最高じゃないですか!

ということで、先月からプレミアム会員。

新旧iPhoneが2台あるので、ちゃっかり2回楽しんでいる。

他にも聴きたい番組を聴いたりして、自分的には満足。

でも、何故に地元の番組を聴かないのだろうね?

リアルタイムで聴いてはいても、タイムフリーで聴きたい番組がないのは事実。

それより面白い番組はあるよ、と主張したい気分になる。

さてと。

今日は何を聴きましょうかね。

iPhoneから送信